事業を成功する為の3つ役割

 

事業を成功する為に必要な役割は大きく分けて3つです。

 

1、自己プロデュース(集客やブランディングの構築)

2、プレイヤースキル(技術と知識、コミュニケーション能力、ホスピタリティ)

3、バックヤード能力(事務仕事、会計面、整理整頓)

この3つを高いレベルで機能させた事業が大成功をおさめます。

 

しかし、この3つの能力を高いレベルで持ち合わせている人は、ほぼゼロと言われており、

業界こそ違いますが、代表例でいうと秋元康さんが、この3つを全て高いレベルでできるそうです。

その逆で、この3つを低いレベルで自分でこなそうとする人は非常に多くいて、

そういう経緯からも、起業の成功率が低いと言われる要因になっているのかも知れません。

 

 

優先順位と同じくらい、劣後順位が必要

人にはそれぞれ適正があり、適正外の事を学んだり、こなしたりする事は非効率ですので、

本来するべき事に集中する為にも、優先順位と同じくらい、劣後順位(優先順位の逆)を決め、

頼れるプロにお願いする事も、成功の為の一つの選択肢となります。

 

尚、私で言えば、1と2は、好きで得意な事でした。しかし3は嫌いで苦手でした。

その為、起業2年目には、顧問税理士さんや顧問弁護士さん、大掃除のバイトの方に

入っていただき、経理は家族に任せるなどして、

私がやるべく事に集中し、チームの連携で展開してきました。