白髪の予防に、ヘッドスパは超有効!

白髪のメカニズムが解明されていないというのは、古い話です。

現在では、分かっている事も多くなってきました。

まず、ポイントからご紹介いたしますね。

 

①毛根の栄養不足

 髪はまず、ケラチンが栄養を吸収し、白髪をつくるところから始まります。白髪をつくった時に、まだ毛根に栄養が残っていると、メラニン細胞に栄養を分け与え、色が入るという仕組みです。

つまり、髪を作った段階で栄養が残っていなければ、白髪に。白髪に色を入れている途中で栄養が尽きれば、ゼブラ毛になる訳ですね。現在、ゼブラ毛という白髪と黒髪が混じっている髪の毛は、栄養状態を改善する事で、黒髪に戻せる事が分かっています。

 

②頭皮の血流が悪い

③頭皮の温度が低い

④腎の気が弱い

⑤加齢

 

②以下は、下記を参照ください。

 

白髪の場所で、どこが疲れているか判断できます。

頭の筋肉が重力に耐えられなくなった時のイラスト
著書 育毛のプロが教える髪が増える髪が太くなる すごい方法 から抜粋

②、③

まずわかっている事は、加齢で生えてくる白髪は、まだらで生えてくる事です。

どこかに集中して生えてくる白髪は、頭皮の血流と、頭皮の温度に関係がある事がわかってきました。

白髪は血流が悪く頭皮温度が低いところに発生するということがわかっています。

逆に言えば、血流が良く頭皮温度が高ければ白髪にはならないと言うことです。

白髪が集中するところで、いろいろなヒントが分かります。

 

「生え際や顔まわりの白髪」は顔がむくみやすい人。

顔がむくみやすい人は、顔の重量が重くなる為、生え際に重力の負担がかかり、血流を悪くします。

 

「耳まわりの白髪」はストレスが多い人

ストレスやプレッシャーに苛まれると、無意識で奥歯をかみ続け、側頭筋に負担がかかります。

 

「分け目に白髪が集中している人」

頭の4つの筋肉が疲れてる為、重力に逆らえずに、頭皮全体が垂れ下がっています。最も重力の負荷がかかる部分が天頂部になる為、頭皮が固い人は天頂部付近の分け目に白髪が集中してしまうのです。

腎臓の気を養う

内臓と髪の関係の中で、一番髪と関係が密接な臓器が腎臓と言われています。

中医学では、若白髪や円形脱毛症も腎臓との関係が深いと診られてきました。

 

先天的に腎気が弱く、腎臓、膀胱系の病に患いやすい家系の場合でも、

後天的に腎の気を養う事は可能です。

 

身体が冷えている人の腎気を養う食材

 味噌、納豆、栗、クラゲ、アワビ、イワシ

身体が熱い人の腎気を養う食材

 醤油、食塩、豆腐、海藻類、カニ、牡蠣、シジミ、ホタテ、アサリ、ハマグリ

※調味料に関しては、自然製法のものをオススメしています。

 辻オススメ!体質に合わせたの調味料 を選んでいただくと効果的です。

 

加齢は酸化から!辻のサプリもお試しください

むやみにサプリメントはオススメしていません。

足し算の考えではなく、毒を入れない引き算の考え方を推奨しているからです。

しかしながら、食材では摂取しずらい原料もありますので、興味がある方はお試しください。

辻開発の 高機能水素サプリメントフルーナ です。

薬事法で過激な発言はできませんが、水素の実験動画をご覧ください。

水素で一番優秀な原料をフルーナで使用しています。