原点は、常に、ここに。

2011年3月11日(金)は、個人事業主としてのスタートの日です。

 

埼玉初のヘッドスパ専門店を浦和にオープンしたのは、2011年4月2日。

日本中が悲鳴をあげた東日本大震災の直後。

 

2011年3月11日金曜日は、内装工事の最終確認と契約の日。

つまり、私が個人事業主としての起業日です。内装工事は、3月14日から始まる予定でした。

 

震災後、流通はパニックに陥り、内装工事に必要な資材は届かず、ガソリンも手に入らなくなりました。

浦和の街からは灯りが度々消え、計画停電と余震の中、内装工事が何度も止まりました。

被災地の方を想えば、命あるだけで感謝すべきなのですが、

希望と資本を全て懸け挑んだ私の起業は、日本中が『自粛』を行った、暗い経済状況からのスタートとなりました。

被災地に向け、小額ながら募金をしたその手は、寒さで冷えた指先とは逆で、先行きの不安感からか掌には汗がビッショリだった事を今でもハッキリ覚えています。

 

そんな中での起業でしたが、お陰様で、プーラは事業を軌道に乗せる事ができましたが、

3月11日で人生が変わってしまった方もおられると思いますので、小さい事ですが、募金や寄付は続けております。

 

現在、ゆっくりではありますが、プーラ式ヘッドスパを地域に根差す為の活動をしており、

志を持つ仲間とも出会えました。いつも想うのは、今の私があるのは、お客様のお陰なんですよね。その想いは、プーラが広がってもお客様に伝わるように頑張ります。