ヘッドスパのスペシャリストになる為には

私は、本物のヘッドスパのスペシャリストを育成したいので、敢えて言います。

スペシャリストになる為には、二つの想いのどちらかが必要です。どちらもあれば、必ずなれます。

1『ヘッドスパが大好き』と心から言える

2『ヘッドスパで成功者になるんだ』という強い気持ち

 

カットやパーマが修得できなかった。理美容業界について行けなかった。挫折経験があっても全く関係ありません。

狭い理美容業界の価値観という枠に縛られる必要は、無いと思います。

 

ヘッドスパを受けるお客様は、頭では分からなくても、言葉で説明出来なくても、あなたの内側にある

溢れる想いは肌で感じ取ります。表面上のアピールや入れ知恵は、機械が話しているのと同じです。

溢れる想いこそ、リピーターやファン客をつくり、起業を成功へと導きます。

好きな事をやっている人や本気の人は、ヒントがあればどんどん成長します。自分で考えるからです。

自分でつなげるからです。学びが苦ではないからです。

 

電車が好きな人は、どんどん電車を覚えます。料理やお菓子作りが好きな人は、レシピが要らなくなります。

ビジネスが好きな人は、居酒屋に行っても仕事の話ばかりです。

腕時計やブランド物が好きな人は、どんどんブランドに詳しくなります。

昆虫も、アロマも、ヨガも、カメラも、ライブも、楽器も、ゲームも、アニメも。

ヘッドスパ専門店を独立し成功したい!ヘッドスパが大好きなら、必ずスペシャリスト育成コースについてこられます。

 

歴史から学ぶ、最先端から学ぶ必要性

日本の幕末から近代史で、こんな事があったのは有名です。

経営に繋がるヒントを感じましたので紹介させてください。

 

 日本が初めての政府を作る時代、初代総理となる伊藤博文など、日本を担う若者に当時、2年間の海外留学をさせています。

その際、かの有名な西郷隆盛は日本にいる選択をしました。

当時の日本人の多くは、海外の文明や存在を殆ど知らずにいたため、日本国内での内戦が絶えない時代です。

 

西洋文明の洗礼を受けた伊藤博文は、アフリカ人などがキリスト国に奴隷とされている現状を目の当たりにし、近い将来、日本人も皆奴隷にされてしまう事。

そして、日本国内で国力を削りあっている事は、無意味である事を痛感します。

ところが、西郷隆盛はそんな忠告や世界観を理解できず、日本国内最後の戦争、西南戦争を起こしてしまいました。

西郷隆盛ほどのリーダーが、世界を知らない。体感していないというだけで、

結果として、日本の国力を疲弊させる結果を導いてしまいました。

その後、最先端の文明を学んだ伊藤博文が初代総理となり、日本政府が誕生しました。

幕末の時代、吉田松陰や坂本龍馬が誰にも理解されなかったのは、彼らはこの世界情勢を、少ないヒントから柔軟な発想力でもっと早く感じ取っており、未来の日本を正しい方向に導こうとしていた活動が誤解されてしまったからです。

天才だったという事でしょう。

ヘッドスパも最先端を知る

ヘッドスパが好きでも、成功したい気持ちが本気でも、一般的なヘッドスパしか知らなければ、一般的なアイデアとなり、一般的なヘッドスパ専門店の独立となるでしょう。

起業は、人生の中でマイホームの次に大きい資本投資だと思いますので、最先端の情報を得た上で、独立ビジョンを立てる事が大切です。

 

関連ページ

過去記事 成長の軌跡として、興味ある方はご参考ください