『ヘッドスパの専門店』化 プロ技術は、もはや美容師の手から離れた!?

ここ数年で急激に市場を広げているスカルプケア(頭皮ケア)

美容室のメニューとしても『ヘッドスパ』はすっかり定番のメニュー化しています。

しかし、一方で『市場が広がっていると言う割には、ウチの店のヘッドスパの売り上げは伸び悩んでいるぞ?』という人もいるでしょう。実はそこには3つの敵の存在が?!

 

そこで今回の特別企画では、3回にわたって頭皮ケアの現状とこれからを紹介していきます。初回は美容室いがいでの頭皮ケアの現状、PULAさんを紹介します

 

なぜ他業界ではここまで賑やかさを、増している、頭皮ケアや育毛メニューが、美容業界では今伸び悩みの時期にきているのでしょうか?

女性たちが求めているにも関わらず、美容業界の頭皮ケアからはなれてしまった

『本当にやりたい頭皮ケア』の実態を追求。

 

本格的にヘッドスパを体験したいという声に応え、近年ではヘッドスパ専門店が増加中だ。今回お話を伺った浦和のヘッドスパ専門店『PULA』のオーナー辻さんは、ゴッドハンドの異名を持ち、美容学校出身でロンドン留学の経験もある人物。

 

『ロンドンでヘアデザインを追求する環境にいる中、僕が好きな美容は、お客様が癒される、リラックスしていただくものだと気づいたんです。そこからヘッドスパ専門店の構想が始まりました』

 

帰国後は、ヘッドスパで人気のある美容室に勤務しつつ、整体や頭の構造、ヒーリングなどを学び、独自にヘッドスパ技術を研究した。

 

「今、美容界には、ヘッドスパ=アシスタントの仕事という、傾向があります。技術も、『一度講習を受けただけ』『シャンプーの工程に専用オイルを加えただけ』など、誰でも施術できる便利なオプションになっている場合があります。

その為、浅く広くヘッドスパが広がり、美容室のヘッドスパは、効果がないという声が増えたんです。」

 

厳しい言い方をすれば、美容室側の甘い対応が、お客様を手放し、ヘッドスパ専門店へと向かわせているという事だ。

 

実際地元の美容室で、ヘッドスパを体験したけれど、不満だからここにきた、というお客様もいるそうだ。

 

 

2017年6月13日発売 婦人公論122P~126P掲載
2017年6月13日発売 婦人公論122P~126P掲載
2016年12月号 BBCOMさんに書籍掲載頂きました
2016年12月号 BBCOMさんに書籍掲載頂きました
ゲーテ 2012年3月号にて取材掲載いただきました
ゲーテ 2012年3月号にて取材掲載いただきました
ザ・ビューレック2012年3月号にて取材いただきました
ザ・ビューレック2012年3月号にて取材いただきました
ヘッドスパ関連情報や、浦和・大宮周辺のお店や、日々感じたことを紹介
ヘッドスパ専門家ブログ