マタニティー客を迎えるサロン

こちらの記載内容は2012年3月ザ・ビューレック誌に取材掲載頂いた内容です

『辛さを抱える人を癒してこそプロ。だからマタニティーママもウェルカム』

 

「体調も生活も変わる上、胎児の命を預かる思い責任を負って、多大な責任を負っているのが妊婦さん。だからこそ、その心身をいやしてあげたくて、プーラでは、開業当時からマタニティーママ、ウェルカムなんです」

 

そう語るのは、2011年4月さいたま市ににヘッドスパ専門店プーラをオープンした、オーナーの辻さん。

 

理容師として出発後、エステやヘッドスパに適性を感じ、シブヤの高級メンスグルーミングサロンでは、店長を務める。

その傍ら、整体学校に通い、整体や解剖生理学も取り入れて独自のヘッドスパ技術を追及。

意識の高い学習意欲と1000名を超える顧客を手掛けた経験から、頭皮を触れるだけで心身の不調やライフスタイルを言い当てるゴッドハンドとして、著名人や芸能人のファンも多数顧客を持ち、独立を果たした。

 

そんな辻さんが妊婦に目を向けた拝啓には、以前の職場で接した妊娠したスタッフの姿があったという。

足腰のだるさ、頭の重さやのぼせなどで辛い思いをしているのに、それを癒してくれるところがないのを見かね、整体を学んでいた経験から、僕がスタッフのケアをした事もあったんです。各種ヒーリングサロンが妊婦の来店を避けがちなのは、リスク回避のためでしょう。

でも、本来は妊婦の禁忌に関しての知識を持っていてこそプロのはず。

それなのにプロがリスクを回避する為にマタニティーを断り、なんの知識を持たないご主人が家で奥様のマッサージをしていたりするケースが多い。これって本末転倒ですよね。だから、私は妊婦さんを積極的に受け入れようと決めてんです。

 

ゲーテ 2012年3月号にて取材掲載いただきました
ゲーテ 2012年3月号にて取材掲載いただきました
ザ・ビューレック2012年3月号にて取材いただきました
ザ・ビューレック2012年3月号にて取材いただきました
ヘッドスパ関連情報や、浦和・大宮周辺のお店や、日々感じたことを紹介
ヘッドスパ専門家ブログ