ヘッドスパ専門店の起業・独立で勝つために

ヘッドスパ専門店起業・独立で勝ち抜くために必要な事は

1.『ヘッドスパのスペシャリストである』ことです。つまり武器がなければ勝ち抜けません。

高い技術、高い知識、溢れるやる気、成功意欲がバックボーンとなります。極論、これにホスピタリティがあれば、店舗存続などのハードルはクリアできます。

 

2.ターゲット層、価格を決める

人は行きたいお店を価格帯から検索する傾向があります。

例えばあなたが起業に自信がなく、ヘッドスパを5000円でスタートしたとします。

ファン客が増え、徐々に実力も上がり『自分のヘッドスパはもっと価値があるのではないか?』

と実力に見合った金額にしたいと考えた場合、当初のお客様は総入れ替えになる可能性があります。

お客様は予算を決めてサロンを探すからです。

当初の価格の2割増し程度であれば、お客様との信頼関係を深めていく事で、値上げをしても応援してくださるかも知れませんが、

大きく変える事は出来ません。

その為、実力をつけてから起業し、ターゲット層を明確にする事がとても大切です。

 

3.出店地と店舗、スタッフ人数を決める

ターゲット層を決めた後には、出店地を決めます。ヘッドスパ専門店の様な業態の場合、ある程度広いエリアから集客を行う方が良いので、ある程度アクセスの良い場所が良いでしょう。

スタッフを入れる事を想定して広めの物件を借り、途中でスタッフを入れる事を諦めるオーナーさんが多いですが、サロンにデッドスペースを作ってしまい、そのデッドスペースにも家賃が発生します。

経営は、いかに固定経費を削る事が大切なので、坪単価の高い立地への出店は、ビジネス規模を特に明確にする必要があります。

 

4.ブランディング

ブランディングとは、お客様に見られるあなたの価値や信用です。

お客様に対して、価値のあるブランドを構築するための活動です。

あなたの店の特徴や競合するサロンとの違いを明確に提示することで、お客様の関心を高め、リピーターやファン客、口コミ客を増やします。顧客との信頼関係を深めることで、あなたの店を支持してくれる人を増やし、競合サロンに対して優位に立つことができます。

 

5.集客(フリーペーパーや割引サイト、ポスティング、ビラ配りはNG)

例えばですが、町の人気店を目指す筈なのに、フリーペーパーやビラ配りなどに翻弄していては、目指している事とやっている事がバラバラなので、この矛盾にはお客様も気が付きます。すると、『この店に、このお金を払っている価値があるのかしら?』とお客様は自分の消費に対して自信がなくなってしまいます。

集客は、目標のブランディングから逆算して決めなければなりません。フリーペーパーや新規割引、ポスティング、ビラ配り、集客サイトの登録などはその最終手段の筈なのですが、経営やブランディングに無知な起業家は、まず先にやってしまう為、起業と同時にブランディングを落としてしまいがちです。

 

6.経営能力

開業後は新米経営者を狙った営業電話ラッシュが待っています。熟練した経営者であれば、最初の一言で分かる粗悪な営業電話やメールですが経験不足から、話を聞いてしまいます。

勧誘文句は『今回特別に』『モニターサロンとして』『初期費用無料で』『芸能人のインタビューで』『SEO対策を行います』など様々です。

その殆どに集客効果は無く、無駄な投資で終わります。私が考える経営能力とは、どこに投資してどこで節約するかです。

誰もが掛けているところに投資しても周りもしているので目立ちません。質にも寄りますが、フリーペーパーや、ポータルサイトの掲載、パンフレット、看板や、スタンプカード、ポイントカード、紹介カード、などは一度考え直す必要があるでしょう。

項目5と類似しますが、例えば、一流のカメラマンに撮影を依頼し、その写真を使って自分でホームページを作るなどすれば、他のサイトとは違ったサイトを作る事ができます。

『思った事が上手く伝わっていないなー』など感じても、自作ホームページであれば、すぐに自分で変更をできる事も良い点です。

jimdo などを使えば簡単にホームページは作れます。シンプルなテンプレートを選び、一流の写真を大きく使えば、自作でもプロの様なサイトを作る事ができます。

 

7.ホスピタリティー・お客様の喜びが自分のモチベーションにできる

お客様へのおもてなしや、気配り、サロンの衛生環境、などは、お客様を喜ばせる頂く事が好きな人に有利です。

お客様を感動させたい!お客様に喜んでいただきたい!そういう気持ちは外向、内向などの性格に関係なく、内側から溢れる想いとして、人は肌で感じ取ります。注意点は、マナーを守らないお客様を断る勇気も必要だという事です。

1~6全てを持っていても、このホスピタリティが欠落していると、サロンの経営には不向きです。

また、苦手な人は、それ自体に気が付いていない事もあります。

はっきりとご教授くださる先輩や友人など第三者に、自分のホスピタリティ能力について教えてもらう事がとても大切です。耳に痛いこと、口に苦いことを言ってくれる人にお願いし、第三者の目線を忘れないでください。

 

以上、人生の中でも起業・独立は、大きな投資、大きな挑戦になります。

スタートを誤ると、方向修正が極めて困難になり、苦しい成長曲線となります。

 

開業資金の融資

・開業届の提出

・保健所の審査

などは、多くの人がやっている事なので、自分で推し進める行動力も必要です。

 

ヘッドスパの資格には、理容師、美容師の免許が必要です。

詳しくは、ヘッドスパの資格をご覧ください

 

辻敦哉プロデュースでヘッドスパ専門店起業のメリットとデメリット

1.セミナー前後にテストはありますが、ヘッドスパのスペシャリストとして起業できます

2.ヘッドスパ専門店は出店地と出店場所で、未来を大きく左右します。辻が調査いたします。

3.スタッフを入れるか?家賃や内装費が合っているかなどを調査いたします。

4.プーラブランディングがあるので、値引合戦には巻き込まれず『行きたくなる価値』がサロンにはあります

5.プーラのHPからの集客と、地元集客のサポートを辻が行います。プーラブランドで地元取材も入り易くサポート。

6.辻が経営相談にのります

※.ホスピタリティは、皆さんが既に構築している部分であり、プーラのセミナーで教える事は難しく思えます。ホスピタリティが考えられない人。ホスピタリティに自信がない人は、辻プロデュースのビジネスプランにマッチしていないと思われます。