安定期に入ってからを勧めている

こちらの記載内容は2012年3月ザ・ビューレック誌に取材掲載頂いた内容です

もちろん辻さんも妊婦さんを受け入れるのは安定期に入ってから。

また得意の整体的技術では、内分泌に関わるツボの刺激は避け、商材も安全性を確認した物だけを使用し、不快と感じる場合は、精油の使用も避けている。

 

『つまり、ソフトな施術に限定してやっています。でも、心からくつろげる環境で、ゆったりした自分だけの時間を過ごすことで、妊婦さんの心身には好影響をもたらします。

また、出産後の抜け毛や髪の細りにも気になる時期だけに、出産前に頭皮環境を整え、髪が美しくなるのは気持ちが明るくなるんです。

せっかく心と身体を癒す環境があるのですから、リスクだけを過剰に捉えず、出来るだけの事はしてあげたいですよね』

 

 

プーラでは、ホームページにマタニティ客に向けたメッセージと、利用上の注意を掲載。妊婦客は、『ヘッドスパ マタニティ』などのキーワード検索で自らプーラを見つけてやってくると言う。つまり自分を受け入れ癒してくれる場所を探しているのがマタニティママ。そのニーズに美容界も答えたい。

2017年6月13日発売 婦人公論122P~126P掲載
2017年6月13日発売 婦人公論122P~126P掲載
2016年12月号 BBCOMさんに書籍掲載頂きました
2016年12月号 BBCOMさんに書籍掲載頂きました
ゲーテ 2012年3月号にて取材掲載いただきました
ゲーテ 2012年3月号にて取材掲載いただきました
ザ・ビューレック2012年3月号にて取材いただきました
ザ・ビューレック2012年3月号にて取材いただきました
ヘッドスパ関連情報や、浦和・大宮周辺のお店や、日々感じたことを紹介
ヘッドスパ専門家ブログ