ヘッドスパ専門に絞ることが怖いです

実に多いご質問でしたので、ご説明させていただきます。

A

日本人の長所でもありますが、日本の理美容師さんはとても勤勉です。

マッサージ、シャンプー、ブロー、パーマ、縮毛、カラー、ヘアカット。

場合によっては、ヘッドスパ、エステ、シェービング、着付け、アップ、メイクもやりますよね。

 

近年、理美容室の多様化されたメニューは、お客様を迷わせてしまっています。

お客様は分かりやすい店を選びたいのに、オーナーは売上を確保するために色々やってしまう。

色々やっている美容室はいっぱいあるので、何処のサロンが良いが迷う。こんな繰り返しです。

 

不安感が招く、勉強病

業界誌の記者さんから、取材時にお聞きした事があるのですが、

色々学ぶ理由は?という問いに対して、『周りが色々やっているから』と答える人が多かったそうです。

おいて行かれるという漠然の不安の連鎖が、そうさせるそうです。

 

何をするかと同じくらい、何をしないのかも大事

幅広くやる事の全てが悪いという訳ではありませんが、

何かを突出させるには、何かを捨てる勇気も必要です。

それを、優先順位の逆 劣後順位と言います。

 

かの有名なスティーブジョブズは、いつも同じ服を着ていたことは有名です。

それは、服を選ぶという無駄な時間を排除して、自分にとって一番大切なことに時間と労力を使うためでした。

スティーブジョブズが、解雇されたアップルに復帰した1997年には、

まず、製品数を7割減らす目標を掲げました。

そして、残りの3割を『宝石』と呼び、その製品にエンジニア達を集中させ、アップルを立て直しました。

 

私がヘッドスパを託し、新技術の研究者になった事や、ヘッドスパプロデューサーになり、

各オーナーさんにサロンマネジメントを任る決断に至った事も、

全ては、やるべき事に集中するための決断です。

時間は有限です。何かを捨てなければ、何かを突出する事は出来ないのですから。

そして、その恩恵は、何かを捨てた人にしか分からないと思います。

 

弦1本で極めた人の演奏がこちら

堀江貴文さんの何でも屋になるな!

辻敦哉 プロフィール
知識・効果・ Q&A・お声
育毛実績
辻監修ヘッドスパサロン一覧

ヘッドスパ セミナー
辻の開発 ヘアケア商品
辻が太鼓判! 他社商品
辻敦哉の 著書一覧・質問

取材依頼
メルマガ
過去の記事