私たちに必要なのは、誇り

ヘッドスパ専門店の募集欄を見ると、

年収で200万以下~が多いようです。 

人が一人生活していくには足りる年収だと思いますが、 

長い将来、高い志を持ち続けるには、厳しい年収だと考えています。

 

これでは、仕事に対しての誇りは持てないと思います。

誇りが無ければ、高いモチベーションを持ち続ける事も難しいと思いますし、

モチベーションが低ければ、お客様の満足度は低くなります。

 

しかしながら、なぜそのような低い年収の業界かと考えれば、それだけの価値しかないからでだと私は考えております。

ヘッドスパという流行に乗っかり、マニュアルを覚え、お客様に入れる様になると、その先の成長ビジョンがなくなってしまい、新たに覚えるのは、使用する商材の特徴を覚えるくらいで、すぐに飽きてしまう。 その為、スタッフ入れ替わりが早く、経営資源を募集と教育につぎ込む。

 

これら低収入の裏側の物事は非常にシンプルで考えています。

・雇用という守られた立場で、誰にでも出来るマニュアル化された技術を、

 低年収の業界で、特に高い意識もない

・お客様に入れる様になることをゴールにしてしまう。

(本来はここがスタートラインですよね?)

そうすると当然、リピート率が低く、集客の経費が嵩み、スタッフへの人件費に反映され、相場の低年収になります。

 

プーラに必要な人は、

・守られた条件ではなく、時間ではなく、仕事の価値で高収入を得たい

・高い意識を持って、高いレベルの技術と知識を持ち その高い技術と知識で、

 お客様に喜んでもらい、仕事への誇りをもち、生活水準のレベルも高くしたい。

・将来、自分で独立するような意識を持っている人。

(独立させる強制する意味ではなく、モチベーションの例えです)

 

自分がお客様の立場で考えれば、誰だって意識の高いサロンでサービスを受けたいですよね!!

 

以上を共有できる人であれば、ぜひ問い合わせフォームより、ご連絡をください。よろしくお願いいたします。

辻敦哉 プロフィール
知識・効果・ Q&A・お声
育毛実績
辻監修ヘッドスパサロン一覧

ヘッドスパ セミナー
辻の開発 ヘアケア商品
辻が太鼓判! 他社商品
辻敦哉の 著書一覧・質問

取材依頼
メルマガ
過去の記事

プーラ式ヘッドスパ公式サイト